コトノハのコトダマ

アラフォーのおばさんが日々感じることや好きなことについて気ままに書いています。

自分が動かないと、何も変わらない

アラフォーおばさんの詩恭です。


どうにかこうにか生きてきて、曲がりなりにも社会人をやってきて、思うことがあります。

【自分が動かないと変わらない】
この事実に気付かないと大変なことになる。と。

未来予想図はわりと残酷


【皆、今後について不安はあると思うけど、
具体的に動いている人ってどれくらいいるんだろう?】

少なくとも、自分の周囲を見ていると、そう感じざるを得ません。


私自身、不安や危機感はあります。


今後は機械やAIが労働の中心になり、会社という組織はかなり少なくなると感じます。

業務の縮小・効率化はさらに加速し、能力のある人にはこれまで以上に仕事が集まり、
能力のない人は徐々に淘汰されていくでしょう。

徐々に会社員の副業・複業が解禁、推進され、収入面でも「やっている人」(=できる人)と
「やっていない人」(=できない人)の差は拡大していくことが容易に想像できます。

また、副業・複業に取り組むことで、
能力面でも【できる人、できない人】に明確な差がついていくでしょう。

決して他人事ではないはずだけど…


私の職場を見ているだけでも、そういう将来がすでに見え隠れしています。
が、忙しいから気付かないのか、そもそも将来に無関心なのか、
端から見ると行動していない人があまりにも多いように感じています。

【自分が動かないと、何も変わらない】
それが簡単に可視化するのが現代です。

変えるには行動しかない


思いついたら行動しましょう。

だからこそ、私はブログを始めてみました。
何もしないよりは、何かやっている方が安全だし、
拙い言葉でも誰かに届けばいいな、と考えたからです。

物事を始めるのに、遅いことはないんです。