コトノハのコトダマ

アラフォーのおばさんが日々感じることや好きなことについて気ままに書いています。

ストレスは自分を見つめ直すきっかけになる

アラフォーおばさんの詩恭です。


どんな人でも、多かれ少なかれ【ストレス】を感じていると思います。
ストレスというとどうしても悪い面しか浮かばないですが、
実はいい側面もあるんです。

それは、【自分自身を知る】ことにつながるんです。

ストレス=苦手なこと


「何をストレスに感じるか」は、人によって違います。

例えば「資料を作ること」。
Aさんには多大なストレスですが、
Bさんにはそうでもなかったり。

「会議等で大勢の前で発表すること」。
Bさんには耐え切れないほどのことでも、
Aさんはむしろ得意なことであったり。

ストレスの内容で、自分の苦手な分野が見えてきます。
時には、自分自身も知らなかった自分の一面が見えてくることもあります。
そこに目を向けず、克服しようとするからストレスは深刻化するんです

つらくてもストレスとは「向き合う」べき


「苦手を克服しようとするな」と言いたいわけではありません。
得意なことや苦痛でないことをなるべくしていけばいいんです

上の例で言えば、Bさんが資料を作り、Aさんが発表するという役割にすれば
スムーズに事が運ぶと思いませんか?

もちろん、打ち合わせは必要になってくると思いますが、
「より良いもの」を作り上げるための【意見交換】はどこでも必要だと感じます。

可能な限り、ストレスとはとことん「向き合う」べきだと思います。
場合によってはつらい気持ちにもなるでしょうが、
自分を知るためには大切な内容になってきます。

自分の苦手なこと、弱い部分を認めることが重要なんです。
そうして、その裏返しとなる【得意なこと】や
【強い部分】を見つけ出すことが自信につながります。

…偉そうに書いていますが、まあ、私自身も見つけ出している最中ではあります。