コトノハのコトダマ

アラフォーのおばさんが日々感じることや好きなことについて気ままに書いています。

人間は失敗をする生き物だから

アラフォーおばさんの詩恭です。

人間はいろんなことで失敗します。
失敗したその瞬間に気付けることもあれば、
振り返ってみた時に「あれは失敗だった!」と感じることもあります。

その事実をどう受け止めるかによって、自分の心のありようも変わります。
しかも下手をすると、人生まで変えてしまうんです

失敗はすべきでないのか?


物事は「失敗して覚える」とよく言われます。
今、何なく仕事をこなしている先輩や上司も、
かつては新人だった頃があり、よく失敗もしていたでしょう。

どんなことでも、最初からパーフェクトにできることはまずありえません。
仮にできたとすれば、それはとても運の良いことです。

でも、日本は失敗を許さない風潮がなぜかありますよね。
許さないどころか、悪であるかのような風潮が。
なぜでしょうね?

そういう風潮が、年間3万人の自殺者を生み、
鬱病に苦しむ人を作り出しているかもしれないのに。


人は誰でも間違える


では、なぜ人は失敗をするのか?
私はこう答えます。

「人間だからです」


>>To Err is Human(人は誰でも間違える)   米国医療の質委員会<<


人間は意図せず間違える天才なんです。
失敗は自分の成長のために必要なものです。
そこから学ぶことさえできれば、年齢も関係なく人は成長できると感じています。

失敗をすべて許せとは言いません。
ただ、失敗してもリカバリーを許さないような雰囲気は、
誰にとってもマイナスにしかならないのは事実です。

「人間である以上、失敗はつきものだ」
これを前提にしておけば、少なくとも肩の力は抜けるのはずです。